シール投票の結果を国会議員に届けました。(6月18日)

2015-06-26 § コメントする

この2月から6月の間に、ひみかなが神奈川各地で行ったシール投票の結果を、神奈川選出の衆・参国会議員に届けてきました。届けたデータ資料はこちら→6月18日グラフ
約1000人に対して行った結果、安倍政権支持が22%、不支持65%。テレビや新聞が報じていた数字(安倍支持の方が多い)とはかなり開きがあります。街頭で集めたデータの方が、市民の皮膚感覚に近い数字だということを、直接、議員に訴えました。

各議員のお部屋を回って行くと、それぞれの、主権者に対する姿勢がよくわかります。以下、参加メンバーによる所感です。

【衆議院第一議員会館チーム】
「選挙のときはあれだけぺこぺこなのに、なんて居丈高なのだろう!」と思いました。
(とある公明党議員の秘書の言葉)
「私たちとしましては、私たちを応援くださる人の意見を聞いてやっていきますので」

・・・(絶句)

これって、なんなんでしょう?
政治家って反対意見にも耳を傾けなきゃいけないはずですよ!
こんなことをあえて言うことがいかに傲慢不遜か。

アンタなんかもう来なくていいよ、という意味としか思えない。
議員が持つべき矜持が皆無であることを露呈した公明党議員。つける薬がありません~(呆)。
期待は「創価学会女性部」の皆さまですが。。。

【衆議院第二議員会館チーム】

維新が4人、共産と公明がそれぞれ1人、民主が2人、自民が8人、無所属が1人の計17人の内、議員対応は皆無。政策秘書の対応も皆無。
地元の維新・江田憲司に焦点をあて、戦争法に対しどのようなスタンスで考えているのかが知りたかったのですが、応対したのは若いお姉さま。ほとんど何もわからなそうでこちらの説明を聞いているのみでした。「どなたか秘書の方はいませんか?」に「誰もいません」と。でも奥には男性の姿が見えていました。出たくなかったのでしょう。

公明党の古屋範子議員が丁度帰ってきたところだったので「ほんの数分で結構ですから」とNが言ったにも拘わらず奥に引っ込み、秘書が対応。
「公明党 は秘密保護法の時も集団的自衛権の時もいつでも修正案とかを出し、自民との違いを見せながら、最後はいつでも自民案に同意してしまう。国民はみんな分かっ ていて公明党は信用ならぬと見ていますよ。」と言ったら秘書の顔が引きつった。

安 倍政権に関するシール投票をなぜ、私たち市民が市井の人たちを対象に行ったのか、そして結果はやはり、私たちが感じていることを反映したということ、また 経済政策(アベノミクス)の支持率が安倍政権そのものの支持率を上げていることがわかるなどを説明。このあたり、「なるほど」という表情が見受けられるこ ともありました。

さらにアベノミクスについて、声を拾ってみると、株売買など、金融商品に携わっている方々が生活がよくなったとコメントされており、たい がいの人たちは生活がよくなったという実感はないとの声だったということを付け加えました。 株などの金融商品によって経済がよくなるというのは実態がつかめないバーチャルな世界で、非常に不安だ。「モノづくり」という、汗して労働しながら経済を支えてきた日本のこの文化を進めていくべきだという私見を伝えました。

対 応はほとんど同じで、説明に対し、はい、そうですね、はい、という相槌を打つぐらい。意見を求めても、もちろんでしょうが、なにも出てこない。(勉強して いないのか、自分の意見を言うことを禁じられているのか。)ただ一人、篠原豪議員の秘書はよく勉強されていて、こちらとの(たとえば、労働者派遣法改正に関する)会話が成り立っていました。

個 人的に感じたのは、秘書(あるいはスタッフ)を介して私たちの怒り、思いが議員に伝わるのだろうかということ。対応したほとんどが、政府を含めた国会の中での議員の立場を気にしていて、私たち市民のほうに目が向いていないと感じました。
たまたま辻元清美議員の部屋の前を通ったので、ためしにノックをしたら対応してくださって、お話しました。 それまでとは違って、積極的に資料を見て、私たちの話を聴いてくださいました。

【参議院議員会館チーム】

自民と次世代と公明は、安倍政権不支持が65%と観てむっとしておられたような・・・

社民と民主の秘書さんたちはTさん(元市議会議員)のお知り合いもいらして、たいへん歓迎してくださいました。
栄区の衆院議員候補だった荻原さんが秘書をしておられる那谷屋さんは、お茶を出してくださり、
10分くらいご本人と荻原さんとお話をすることができました。
「NHKで2回にわたり自衛隊特集」を放映したそうですが、自衛隊希望した高校生たちが
みんな、「お国のためにがんばります」と言い、まったく迷いを見せなかったそうです。
NHKの偏向をおっしゃっていました。世論調査もおかしいと思っていて、市民が調べた
このアンケート「町の声」を利用させてもらってよいか?と、おっしゃいました。

自民党や、次世代の秘書さんたちには、思い思いの希望を述べてきました。

初めての体験に緊張しましたが、以上、報告です。

広告

第3回「ほっとカフェ★ひみかな」

2015-06-22 § コメントする

 

 

本の写真

 

6月11日(木)10:30~12:30横浜市市民活動支援センター4階フリースペースで、13人の参加で開店しました。

いつものように、コーヒーと、手作りのお菓子や、おにぎりなど、盛りだくさん!

初めての参加者も来られて、日ごろ、切実に感じていること、疑問に思うことなど、スムーズな話し合いに入りました。

2回目に続き、『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』矢部宏治著を読んで

 

U(初参加):アメリカのヘリは、沖縄の住宅の上を低空で飛ぶが、アメリカ人の住宅の上では飛ばない。対等でない。政府は従属ばかり考えている。

S(初):9条2項を変えて軍隊が必要というところをもっと掘り下げてほしかった。護憲派に対して冷たい書き方だった。今の政権には改憲する資格はない。時間をかけて国民が議論していかねば。

K:天皇制を変えたい人もいる。伊藤真さんは「護憲には、覚悟がいる。銃をむけられても、殺されてもいいという覚悟を求められている」これは男性には受け入れがたい。

UM(初):自分は護憲が当たり前と思ってきた。それでは、今は太刀打ちできなくなっている。憲法より安保が上とは驚きだった。日本政府はアメリカにあらがって来なかった。

N:沖縄だけでなく、羽田上空も飛行機は飛べない。この本を若い人に贈ったら、1/3くらい読んで、苦しくてやめてしまったという。

K:私も護憲派を否定されて立ち止まること2回。立憲主義は「新しい憲法の話」でも述べられていない。国民が守るもの、大事にしようと書かれている。

ここで、第2回でも紹介した池澤夏樹の朝日のコラム「終わりと始まり」を紹介。

UM:(沖縄の地位協定に触れて)レイプの件数も桁違い。本土に知らされてこなかった。

KI(妻):ラジオで元橋本首相の回想録を聞いた。アメリカから沖縄の基地を減らすという提案を、日本政府が断ったとのこと。「海兵隊」という言葉は海軍兵のように勘違いされがちだ。本当は真っ先に上陸する地上部隊。情報が正しく伝えられていない。

K:「抑止力」とは何かも議論が必要。安易な刷り込みがある。

UM:NHKの「朝イチ」で沖縄特集を2日にわたり行った。リポート自体は、基地のことを本土の人たちに知らせたということでよかった。ただ、「今は基地があった方がいいとは言いにくい」とか、インタビューした中の賛成の意見をあえて二人とりあげ、番組ゲストのタレントが「反対だけをしょってアメリカへ行った人もいる。」と知事のことをコメントしたのは変だと感じた。

≪注≫鎌田慧さんコメント:「かつて基地への依存率は20%と言われていたが、今は5%程度。だから翁長さんもアメリカに行けた。番組側の認識がないのです。」

 

NI:2日目にお笑い芸人”玉ちゃん”という方が発言したその一言で台無しになった。

良い企画だったのに残念だった。

KI(夫):小4で終戦。戦後社会秩序ががらりと変わった。今の若者は60年、70年安保の時のように学生運動はできない。運動すると就職できない。管理されている。今、自由なのは、男や若者よりも女性だ。男は犬。女は猫である。大企業独占の社会構造を改めねば、自由な社会は実現できない。

K:秋葉原事件の時、若者には3溜めがないと言われた。(友人・親・お金)

UM:若者は新聞・本を読まない。

KI(妻):若者の受けている教育が、我々の時と違うようだ。

K:今後、文科大臣は、政府見解を教科書に書かせたい考えで、子どもの心にじかに手を入れるかのようだ。1割のエリートがいればいいと言っている。

軍産共同体になっていく。人文科学・文学・哲学は軽視される。

U:育鵬社の公民の教科書には安倍の写真が11枚載っている。「自民党のポスター」も。

NA:この本を、私も友人に贈った。終わりのところが違うと思う。私は大江さんの精神で行きたいと思う。

F:9条を守るということはとても難しい問題。攻められても仕返ししないくらいの心構えが必要。個別的自衛権で自衛するとしたら、軍備が必要になる。

S:コスタリカは外交力を発揮し周辺諸国から尊敬される。

K:軍事費を教育に回せるから先生がいっぱい。でも、警察力が増大しているとも聞く。

U:武器輸出3原則を破ったことは憲法違反ではないか?

NA:朝日夕刊のコラム「新聞と9条㉕」を回して、「9条2項で日本の非武装化を完成させた。日本本土の安全保障は、日本の憲法の及ばない米軍の統治下にある沖縄の基地でカバーする」とある。

U:「標的の村」上映会の横浜市教育委員会の後援が取りやめになりそうになった。

理由は「意見がわかれるものに関しては後援しないことになった」とのことだった。

抗議の電話やメールをたくさん送ってやめさせなかった。「教育委員会は悪い方向へ行きそうな社会を正しい方向へ導かなくてはならないのでは?」と抗議した。

NA:関内ホールでは、(リベラルな)講演会の看板を出さなくなっている。

 

最後の30分で「秘密保護法対策マニュアル」~第2章市民・ジャーナリストが活動・取材するとき~を読み合せました。

次回:第4回「ほっとカフェ★ひみかな」は、8月27日(木)10:30~開店です!

テキスト:秘密保護法対策マニュアル

もう1冊は未定です。

またのお越しを、そして、初めての方のご参加をお待ちしています。

 

[動画]戦争法案を学ぶ―「戦争ができる国」へ|永山茂樹さん

2015-06-18 § コメントする


「あのう、御髪が乱れていますが」と撮影前にお声をかけましたが、「いいですよ、このまま」と、いつも気さくな永山さん、講演も気さくで分りやすい言葉で、丁寧に筋道立てて話してくれます。
安倍政権が希求する「新しい日本の姿」とはどのような姿態なのか?「戦争ができる国」とはどんな国か? そしてそこへ向かう彼らのプラン、スケジュールを明らかにすることによって、対抗手段を導き出す永山さんの弁舌は今回も好調です。2時間に及ぶレクチャーですが飽きさせません。レジュメもしっかりと作ってくれていますので、是非ダウンロードして、それを見ながら動画をご覧ください。

戦争法の成立を許したら日本は戦争ができる国になります。

…………………………………………………………………………

戦争法案を学ぶ―「戦争ができる国」へ
永山茂樹(憲法学・東海大法科大学院教授)
2015年06月11日 於鎌倉NPOセンター
主催:鎌倉平和学習会
共催:湘南護憲市民の会
協賛:戦争させない1000人委員会 戸塚・栄・泉

…………………………………………………………………………

レジュメ(PDF)のダウンロード>>

…………………………………………………………………………

1、戦争法と日本国憲法
1―1 矛盾する「二つの法体系」
1―2 軍事法の転換

2、戦争法の概要
2―1 戦争法を批判するための視点
2―2 戦争法としての第3 次日米ガイドライン
2―3 戦争法と防衛法のおもな違いを比較対照しておこう
2―4 他国の武力行使との一体化とはどういうことか

3、戦争法の使い方
3―1 A グレーゾーン
3―2 B 存立危機事態+ 集団的自衛権に基づく武力行使
3―3 C 重要影響事態+ 存立危機事態(集団的自衛権に基づく武力行使)
3―4 D 多国籍軍の支援
3―5 E 国連が統括しない人道復興支援活動・安全確保活動

4、戦争法と改憲の関係
4―1 戦争法がもたらす日本国家・日本社会の「軍事化」
4―2 安倍・戦争法の先にある安倍・改憲(明文改憲)
改憲の「第四の矢」の必然性=国民をスムーズに戦争へ動員する仕組み(挙国一致体制)
① 軍事裁判所の設置
② 緊急事態条項/基本的人権の停止+ 民主主義の停止
③ 情報統制(メディア統制をなんともおもわない安倍政権の危険性)
4―3 戦争法のスケジュール、そしてわたしたちは
(1) 今後の政治日程
(2) 議論の内容と課題
(3)最近の世論調査の結果
(4) 状況に「民主主義論」「立憲主義論」だけで対抗しようとするのはあぶない
(5) いま潮目は変わりつつある     大衆運動+メディアを激励・連帯+理論・学習

…………………………………………………………………………

第3回 ほっとカフェ・ひみかな

2015-06-05 § コメントする

IMG_2255

 

6月11日(木)「第3回 ほっとカフェ・ひみかな」(10:30~12:00)

桜木町の横浜市市民活動支援センターのフリースペースにて

テキスト:秘密保護法対策マニュアル(岩波書店・海渡雄一著)

第2章 市民・ジャーナリストが活動・取材する時 を読み合せます。

また、第2回の『日本はなぜ、「基地」と「原発」を

止められないのか』(集英社・矢部宏治著)につぃても話し合います。

戦争法制の整備に反対する声明ー特定秘密保護法対策弁護団緊急記者会見

2015-06-02 § コメントする

2015年6月1日、参議院議員会館会議室で「特定秘密保護法対策弁護団」の緊急記者会見が開かれました。5月14日に閣議決定され国会に提出された「平和安全法制整備法」と「国際平和支援法」(併せて「戦争法制」)における要件や情報が、特定秘密保護法下では「防衛や外交等に関する特定秘密」に指定され、政府が恣意的に作出した情報に基づき戦争参加が決定される危険性がある、として声明が発表されました。会場にはフリージャーナリストの田中龍作さん、三輪佑児さん、岩本太郎さんなども参加して、現場からの生々しい声も聞かれ、活発な意見交換がなされました。

………………………………………………………………

戦争法制の整備に反対する声明
「秘密法の下で戦争法制の発動の根拠は秘密にされる」

特定秘密保護法対策弁護団緊急記者会見
2015年6月1日 於参議院議員会館会議室

………………………………………………………………

[出席者]

海渡 雄一 特定秘密保護法対策弁護団共同代表

小川隆太郎 特定秘密保護法対策弁護団事務局

前田 能成 出版労連 特定秘密保護法廃止特別委員会事務局長

海渡 双葉 特定秘密保護法対策弁護団事務局

………………………………………………………………

戦争法制の整備に反対する声明 http://nohimituho.exblog.jp/24547896/

………………………………………………………………

特定秘密保護法対策弁護団 http://nohimituho.exblog.jp

岩波ブックレット「秘密保護法対策マニュアル」 http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2709210/top.html

Where Am I?

ストップ! 秘密保護法 かながわ6月, 2015 のアーカイブを表示中です。