6/2 藤田早苗報告会/国際社会から見た、日本のメディア、ヘイト、ジェンダー、貧困

2019-04-25 § コメントする

WOMEN’S RIGHTS ARE HUMAN RIGHTS
国際社会から見た、日本のメディア、ヘイト、ジェンダー、貧困

日本の「男女平等度」は世界140か国中110位(2018年)。政治・経済分野での遅れが顕著です。日本の「報道の自由度」は世界180か国中67位(2018年)。私たち国民の「知る権利」や「表現の自由」が脅かされています。また、パワハラ、セクハラ、レイプ、DVや虐待も後を絶たず、子どもの7人に一人、シングルマザーの半数が貧困に苦しんでいます。これらメディア、ジェンダー、貧困等が絡み合って、日本は今や人権後進国になったといっても過言ではありません。伊藤詩織さんが、声をあげなければならなかったのはなぜなのか?そしてすべての人が人間として尊重される社会を取り戻すには何が必要なのか?
日本の人権状況について国際社会に情報提供を続けてきた藤田早苗さん(英国在住)に、世界から見える日本を語っていただきます。私たち自身が現状を知り、どこに問題があるのかをご一緒に考えてみませんか?

レポート>>藤田早苗氏の講演会報告

2019年6月2日(日) 18:00〜20:30 (開場は17:45)
横浜市開港記念会館 1号室(110名)
(JR根岸線、市営地下鉄関内駅下車10分、みなとみらい線日本大通り駅1番出口1分)
>>地図

資料代:800 円 (学生 無料)
講師:藤田早苗さん
主催:ストップ秘密保護法かながわ
問い合せ:090ー5433ー6464、080ー6542ー5329
Eメール:himikana2016★gmail.com (★→@)
Webサイト:https://himikana.wordpress.com
Facebook:www.facebook.com/himikana/

当日参加も歓迎ですが、準備の都合上、予約いただけますと助かります。

藤田早苗 プロフィール
名古屋大学大学院修了後、英国エセックス大学にて国際法学修士号、法学博士号取得。17年間国連人権機関に携わり、秘密保護法や共謀罪を英訳して国連に情報提供、国際特別補佐官(表現の自由)の日本調査実現に尽力。現在英国エセックス大学人権センターフェロー/写真家

////////

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/434942747316241/

広告

Where Am I?

ストップ! 秘密保護法 かながわ4月, 2019 のアーカイブを表示中です。